完成見学会

《完成見学会実施のご報告》 2014年6月14日(土)・15日(日)、 神奈川県大和市にて 弊...続きを見る

2014/6/14-15完成見学会

株式会社ライフシールドでは、施工主様のご好意により、 2014年6月14日・15日に注文住宅の完成見...続きを見る

木材利用ポイントチラシ(新)

只今ライフシールドは、「木材利用ポイント事業」という 森林の保全・地球温暖化防止・地域の振興を目的...続きを見る

200住宅リフォーム

  住宅のリフォーム事例をご紹介致します。 今回施工させていただいたのは、 中目黒にて中古...続きを見る

200オフィスリフォーム

  オフィスの改修事例をご紹介します。 今回施工させていただいたのは、 アジアで多事業を展...続きを見る

200店舗改修事例

  東京都の駒込にある、 自然食カフェ&ダイニング「なーりっしゅ」さんの施工例をご紹介いた...続きを見る

200佐藤さんご感想

  ライフシールドのリフォームを受けられた千葉県にお住まいの佐藤さんに リフォームをしてみ...続きを見る

200芝生白い家

この度、 5周年感謝として 1棟限定「建物本体2020万円」という特別価格のプランをご提案させていた...続きを見る

LS_FP_banner

株式会社ライフシールドでは「いいみらい千葉」にコラムを掲載しております☆ 第一回目のコラムを、今回は...続きを見る

LS_FP_banner

株式会社ライフシールドでは「いいみらい千葉」にコラムを掲載しております☆ 第一回目のコラムを、今回は...続きを見る

第二回:【教育資金】愛する我が子のために ~教育資金を上手に準備する大切な3つのポイント~

株式会社ライフシールドでは「いいみらい千葉」にコラムを掲載しております☆
第一回目のコラムを、今回はご紹介いたします。


こんにちは。

今回コラムを担当させて頂く事になりました、
株式会社LS・ライフコンサルタントの向後良知と申します。

このコラムでは、皆様が生活する上で、特にライフイベント
(結婚や出産、家族行事等)に役立つような情報を提供させて頂きます。

さて、第2回目のコラムとなりますが、
今回は前回お話しさせて頂きました人生の3大資金のうちの一つである、
「教育資金」についてお話しさせて頂きます。

▽一般的にどのくらいかかるの?子供一人の教育費。

-「子ども一人あたり約1,000万円」長期かつ継続的に必要になる費用。

前回のコラムでもお話しさせて頂きましたが、
小学校入学から大学卒業まで全て国立・公立の場合において
かかる養育費の平均が約1,000万円と言われています。

また、仮に全て私立で理系に進学した場合においては
約2,200万円ほどかかります。驚きの金額です…。

「高校(大学)に進学したいor進学したい」
「公立(私立)に進学したい」
「少しでも早く家計を助ける為に働きたい」

など、
子どもには子どもで、色々な想いがあることと思います。

親としては我が子には選択肢を増やしてあげられるよう、
最大限の協力はしてあげたいものですし、
子どもの進路は決して親の思い通りになるわけでもなく、
資金計画を立ててもその通りに事が運ぶとは限りません。

▽資金が必要となるタイミングも大切。

教育費は種別により、
必要となるタイミングが異なる事も意識しなければなりません。

継続的に発生する比較的少額な費用と、
進学のタイミング等に発生するまとまった金額が必要となる費用を、
考慮して資金計画を立てる必要が出てきます。

例えば…
===============================
【継続的に発生する費用】
例)保育園費用、塾などの習い事

【一時的に発生する】
例)入学金、留学費用など
===============================
などが挙げられます。

それでは、どのようなポイントを大切しながら、
資金計画を立てればよいのでしょうか?

▽資金計画を立てるにあたって大切にしたいポイントは?

教育費の資金計画にあたり上記事情を考慮すると、
プランニングに必要なポイントが何点か見えてくるかと思います。

コツコツ貯蓄も大切かと思いますが、
少しでも時間の流れを味方につけていきながら、
安心して準備を進めたいものですね。

《教育費の資金計画を立てる3つのポイント》

◆Point1◆定期的&継続的に金銭を受取り可能な事

容易に引き出しできない金融商品は、
いざ突発的に必要になった時に困ることがあります。
長期に渡り継続的に資金を使用できる環境に置く事も大切です。

◆Point2◆進学のタイミングに合わせてまとまった資金が受け取れる事

進学時の入学金は、継続的な支出とは事なり、
支払期限付きでまとまった資金が必要となります。
予め計画をして子どもが安心して進学出来るようサポートしましょう。

◆Point3◆変化に対応出来る計画を立てる事

一つの資金源に頼った計画を立ててしまうと、
思いがけぬ事象が起きた場合に対応する事が出来ない…
と言った事態になりかねません。
複数の金融商品を組み合わせ、受取時期の変更についても
柔軟に対応可能な商品を選ぶとよいでしょう。

◇番外Point◇計画通りに行かなくても慌てない・焦らない

じつはこれが一番大切な事かもしれませんね^^;
予想外の事が生じても、リスクと上手に付き合いましょう。

-終わりに

いかがでしたでしょうか。

日本政策金融公庫の教育費負担の実態調査によると、
教育費の捻出方法として
「教育資金以外の支出を削っている」が第一位との事。
また、その際に節約している支出は、
「旅行・レジャー費」がなんと第一位に。。。

子どもの為に資金を捻出するために、
子どもと遊ぶ支出を減らしてしまうというのは、
何だか本末転倒のような…と、個人的には思います。
その為にも、時間を味方に付けた資金計画が必要ですね。

次回は、
「知って得する学資保険の豆知識」をお送りいたします。
意外に知られていない「学資保険の罠」等、
情報満載でお届けしますのでご期待ください!

============《コラム掲載予定内容》============
第一回:【はじめに】人生に必要な三つの資金とは?
第二回:【教育資金】愛する我が子のために…
~教育資金を上手に準備する大切な3つのポイント~
第三回:知って得する学資保険の豆知識
第四回:教育資金を準備しよう!~具体的な資金計画~
第五回:【住宅資金】憧れのマイホームを手に入れるには?
~住宅購入で押さえておきたい3つのポイント~
第六回:本当にそれで大丈夫?資金計画で気を付けるべきポイント
第七回:《番外編》マイホーム購入は早めの決断がポイント!
~消費税増税案の可決と住宅購入への影響~
第八回:【老後資金】年金に頼っては不十分?!
~老後の生活費について押さえておくべきポイント~
第九回:ゆとりある老後を迎えるために「今」すべき事
最終回:愛する家族の為の「終活」について
=====(※内容は予告なしに変更する場合がございます)=====

株式会社ライフシールド

代表取締役 向後良知
WEBSITE:http://ls-financialplanning.com/index.html
MAIL:info@ls1112.com